TOP

台北観光サイト

FUN TAIPEI—北投

アンカーポイント

發行日期:2016-07-04

833

カテゴリー
パンフレット

添付ファイルダウンロード

P.13取得溫泉標章之店家「龍邦僑園會館」已歇業
300 年以上も昔、台北には「草木は生えず、地は焼けるように熱い」と言 われた地域があった。硫黄の匂いが強く、霧が立ちこめていたため、巫女 が住むと伝えられていた。当時ここに居住していた先住民のケタガラン族 は「巫女の住む地」という意味で、この地を「パッタウ」と呼んだ。300 年の時が過ぎ、かつて巫女の住む地と言われたこの場所は、人々が温泉に 浸かりレジャーを楽しむ美しいユートピアになった。それが北投だ。

日本統治時代に温泉好きな日本人に発見された北投。ここぞとばかりに、 政府も民間も競ってこの地に温泉旅館を建設した。温泉開発のために鉄道 支線を敷設し、駅も作った。北投温泉は魅力的な場所で、当時皇太子だっ た裕仁親王(昭和天皇)もはるばる行幸し、北投は高級リゾート地に生ま れ変わった。

日本に統治された歴史背景から、北投の古跡の多くには、日本の風情が色 濃くただよう。また北投の名所は歴史や文化の趣にあふれ、豊かな自然に も恵まれている。生活の美学、癒しの温泉、知的なエコ活動、多様な文化 的景観。どれもじっくりと体験してみる価値がある北投の魅力だ。
Top