TOP
今すぐインストールします 今すぐインストールします

国立台湾博物館 國立臺灣博物館

タイワンブォウーグァン 時代を超えてまるでタイムスリップしたかのような、昔懐かしい雑貨屋のある台湾物語館は、50、60年代の台湾を再現しています。当時の警察局や診療所、国語教育を広める為の教室や温泉旅館、更には劇場での標語、赤煉瓦のアーケード、書道文字で書かれた看板など、訪れる人に台湾の時代の経過を体感させてくれます。
 

1908年に設置された台湾でもっとも歴史のある博物館です。新館は日本統治時代に「児玉総督後藤民政長官記念館」として建設され、1915年に落成、実用化されました。現在は国定古跡に指定されています。

外観の設計はギリシャとローマの様式を組み合わせており、台湾一美しい博物館とも言われます。エントランスは32本の柱が四周を囲み、柱頭は精緻な模様があしらわれています。ドームの頂にあるステンドグラスの窓から採光されるようになっており、美しい色使いの光がエントランスに注ぎ込まれます。台湾の歴史を見つめ続けてきた建物で、創館当時の規模を維持しています。テーマ展示のほか、館内では各種イベントも開催されます。

観光スポット情報

テーマ
アート展示・公演スペース 親子で楽しむ
お勧めの月
通年
電話
+886-2-23822566
ファクス
+886-2-23822684
住所
台湾台北市中正区襄陽路2号

関連リンク

営業時間

火曜~日曜10:00~17:00(閉館30分前にチケット販売終了)、月曜休館(ただし、国定休日や連続長期休暇の場合は通常通り開館、翌日が休みとなる)、旧正月は大晦日と元旦は休み。毎年12月の第一週は内部整備のため休み。

サービス施設

  • 公共のトイレが
  • 駐車場
  • 忘れ物
  • 放送サービス
  • ロッカー

交通情報

Review

トリップアドバイザー 口コミ

4.0 278 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 3 とても悪い
  2. 14 悪い
  3. 87 普通
  4. 109 良い
  5. 65 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 60 ファミリー
  2. 46 カップル・恋人
  3. 85 一人
  4. 8 出張・ビジネス
  5. 49 友達
  • ひさや2017

    旅行者のタイプ:

    友達との旅行

    伝統的な建築の中に新しい展示デザイン

    2018-04

    建物そのものが雰囲気のある建物です。 その中に自然史から台湾の先住民族、さらには博物学など、様々なテーマの展示が展開されています。 特に3階の展示デザインが綺麗でお勧めです。
  • Jiapin C

    台南, 台湾

    旅行者のタイプ:

    家族

    建物は綺麗で、中の展示品はそれほど多くない

    2018-04

    展示品はそれ程多くありません。 でも入館料は30元だけで、近くに寄ったら入って見ても良いと思います。 向かいの土地銀行展示館とは共通で一度入場券買ったら、両館参観できます。
  • Junichi O

    旅行者のタイプ:

    家族

    手軽に

    2018-04

    こじんまりとした博物館です。 入館料が大人30元は破格の安さを感じます。 展示数はそれほど多くないですが、手軽に訪れることができます。 建物の作りに趣があります。
  • 499asukai

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    建物がいい

    2018-04

    おしゃれな外観の建物です。そんなに広くはないですし、中国語と英語のどちらかがわからないとおすすめできません。一応、通りの向かいの建物も分館です。
  • nanmandabu

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    展示資料は少ない

    2017-05

    規模の小さい戦前の建物なので、展示資料もさほど多くはありませんでした。台湾の歴史を博物館で知るには台南にある国立台湾歴史博物館のほうが良いでしょう。

1-278 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は台北市政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

© 2017 TripAdvisor LLC

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top