TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

陽明山中山樓 陽明山中山樓

アンカーポイント
4.5 11 件の口コミ

日曜日:08:45 - 16:30

4.3

9189

紹介

陽明山国家公園にある中山樓は、蒋介石総統時代の1965年に国父である孫中山氏の生誕百周年を記念して建てられたものです。設計は有名な建築家の修澤蘭女士によるものです。周囲を緑の山々に囲まれた建物の外観は中国の伝統的な古典式建築で、内部も優雅で精緻な造りとなっています。かつては国民大会の会場として使用され、国家元首が外国からの賓客を迎え、国宴を催す際にも用いられた重要な場所でした。現在は台北市の古蹟に指定され、一般開放もされています。歴史的価値のある建築物です。

観光スポット情報

テーマ
歷史的建造物 アート展示・公演スペース
推奨対象
親子学習、しゃかいけんがく
お勧めの月
通年
電話
+886-2-28616391
ファクス
+886-2-28610123
住所
台湾台北市北投区陽明路2段15号

関連リンク

営業時間

日曜日 08:45 - 16:30
月曜日 08:45 - 16:30
火曜日 08:45 - 16:30
水曜日 08:45 - 16:30
木曜日 08:45 - 16:30
金曜日 08:45 - 16:30
土曜日 08:45 - 16:30

サービス施設

  • 会場レンタル
  • 公共のトイレが

交通情報

近くのMRT駅

Review

トリップアドバイザー 口コミ

4.5 11 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 0 悪い
  3. 1 普通
  4. 4 良い
  5. 6 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 0 ファミリー
  2. 1 カップル・恋人
  3. 2 一人
  4. 1 出張・ビジネス
  5. 3 友達
  • F-CK-2

    千葉市, 千葉県

    旅行者のタイプ:

    友達との旅行

    戦後台湾の歴史が好きな人にはオススメ!

    2017-07

    日本のガイドブックには載っていません。おそらく、日本人でここへ行く人は、ほとんどいないことでしょう。私は、台北在住の友人に連れて行ってもらいました。 中山楼は、蔣介石から李登輝時代まで、政治の重要決定や外国要人の接遇などが行われてきた場所です。歴史を偲び感慨深いものがありました。 定時のガイドツアーはありますが、基本的に中国語ガイドです。ただ、日本語ができるボランティアもいるようで、予約をすれば準備していただける可能性があります。
  • hide2004

    東京23区, 東京都

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    日本人の個人旅行にはハードルが高い観光スポット

    2017-04

    2017年4月に行きました。 孫文の誕生100周年を記念して建てられた建物で、かつては迎賓館としてりよされていたものです。 地図を頼りに行って見ると、既定の時間のガイドツアーに参加しないと入場できないシステムで、主に台湾人の団体客向けに一般公開しているようでした。 英語ガイドもないような感じだったので、トイレだけ借りて帰ってきました。トイレが一番奥にあったので、ついでに内部も覗けたのでラッキーでした。
  • ChandaLalwani

    旅行者のタイプ:

    Con amigos

    Must-Visit

    2021-04

    Chungshan Hall is extremely beautiful...but it isn't talked about much. Never even heard about it before I randomly stumbled upon a blog post. The architecture is great for photography and the tour guide is very passionate! Vividly sharing stories about the building and all the famous people that used to visit. Unfortunately, when I visited the 2nd and 3rd floor were under renovation and weren't open to the public. Other than that, I would highly recommend it!
  • liucy752

    Taipéi, Taiwán

    A Building of historical significance

    2020-12

    Built in 1966, The Zhongshan Hall is previously the meeting venue for the National Assembly of the Republic of China. It is the place to witness the development of Taiwan’s Democratic constitutionalism. The Hall is a magnificent Chinese palace building with green glazed tiles and white walls. The brilliant interior is decorated with the Ming and Qing Dynasties styles. In the museum, there are many priceless calligraphy, paintings and other artworks. When I was a child, this Hall could only be seen in the News film or television. Now it has been open to the public. Admission fee is NT$ 80 for each. There are four scheduled tours a day: 9 AM, 10:30 AM, 1:30 PM and 3 PM. The docents are knowledgeable and engaging.
  • larryjw1

    Oakland, California

    Out of the way....and undiscovered gem

    2019-10

    We stumbled across this site without knowing that it was open to the public. This former legislative building built for Chiang Kai-Shek, is a testament to style, Chinese historical and cultural inclusion, and arrogance. It was built as the original legislature building to elect the first president (CKS) and pass laws by the political elite. It has been off limits for decades and has only recently opened to the public. It is worth visiting and we were the only 3 tourists on the tour. Every room has cultural significance built in....from the colors used to create the elaborate ceilings, to the designs on the light fixtures and furniture. It is a spectacular place.

1-11 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は台北市政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

© 2018 TripAdvisor LLC

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top