TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

胡適紀念館 胡適紀念館

アンカーポイント

火曜日:09:30 - 12:00、13:30 - 16:30

4.5

1.1万

紹介

胡適氏は自由主義提唱の先駆者です。思想の上では、オルダス・ハクスリーとジョン・デューイの影響を受けています。胡適氏はハクスリーからは懐疑の方法を学び、デューイからは思想の方法を学んだと述べ、生涯「大胆な仮説、注意深い証明」、「発言には必ずその典故がある」という学問の研究方法を提唱しました。駐米大使、北京大学学長、中央研究院院長などの職を歴任しました。この胡適紀念館は、胡適氏が晩年に台湾に戻って中央研究院の院長を務めていた時の南港の住居(1958-1962)を使用したものです。1962年2月24日、胡適氏の逝去後、中央研究院院務会議は「胡適氏の旧居を完全に胡適紀念館としての使用に供する」ことを決定し、それに伴い速やかに「胡適紀念館管理委員会」が組織されて胡適紀念館も同年12月10日、正式に設立されました。1998年1月からは近代史研究所に属しています。 胡適紀念館は3つの部分から成っています。1つは胡適氏が晩年台湾に戻り、中央研究院院長を務めていた時の南港住宅(1958-1962)、即ち台北胡適氏旧居です。旧居の建物、廊下、インテリアなどの間取りは、胡適氏が生前暮らしていた時の姿をほぼそのまま保っています。1つは陳列室で、1964年に米国の保険会社であるC.V.Starr社の寄贈によって建てられました。ここでは胡適氏の著作や手書き原稿、写真や遺物、記念品、そして台湾の胡適氏に関するドキュメンタリーフィルムなどが展示されています。もう1つは胡適氏の墓園です。墓園は1974年に拡張されて「胡適公園」となっています。公園は丘の傾斜に従って上っていき、曲がりくねった小道と木陰など山林の静けさの趣があります。開放以来、国内外から胡適氏の名を慕う人々が墓参に訪れると共に、丘に上って遠方を眺めることもできます。

観光スポット情報

テーマ
歷史的建造物 アート展示・公演スペース パブリックアート
推奨対象
親子学習、しゃかいけんがく
お勧めの月
通年
電話
+886-2-27899720、+886-2-27821147
ファクス
+886-2-26533302
住所
台湾台北市南港区研究院路2段130号

関連リンク

営業時間

日曜日休息日
月曜日休息日
火曜日09:30 - 12:00
13:30 - 16:30
水曜日09:30 - 12:00
13:30 - 16:30
木曜日09:30 - 12:00
13:30 - 16:30
金曜日09:30 - 12:00
13:30 - 16:30
土曜日09:30 - 12:00
13:30 - 16:30

注意事項

見学無料

サービス施設

  • 公共のトイレが

交通情報

近くのMRT駅

:::

観光スポット地図

天気

  • 今日 25°C 30%
  • 04/17 28°C 10%
  • 04/18 26°C 30%

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top