TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

五指山系-金面山歩道 五指山系-金面山親山步道

アンカーポイント

土曜日: 24時間営業

4.5

9072

紹介

台北近郊のハイキング歩道に興味が感じられず、挑戦しがいがないと思われる方は、高くて迫力のある金面山に登ることをおすすめします。ここは登山口に入ると、歩道傍の絶壁がほぼ垂直となっており、渓流の上方にあります。気迫満点の山は他の近郊の山々とは異なります。道路は昔ながらの砂岩の石段で、一人しか通行できません。道路の両側はでこぼことした大岩石で、傾斜が高くなるにつれて石段はなくなり、代わりに直径百メートル以上の岩壁が現れます。


大自然の試練を通過した後は、登頂前に風景写真がたくさん貼られた「論剣亭」で少し休みましょう。分かれ道を右側に進むと、まもなく山頂に到着し、剪刀石の地盤に入ります。金面山はまたの名を「剪刀石山」と呼ばれています。これは内湖の碧山巌の方向から眺めると、山頂の巨大な岩が鳥のくちばしに似ているからです。この巨大な岩は起伏に富み、気迫に満ちています。険しい岩が並列しているところもあれば、空に突き抜けるように立っているところもあります。巨石が林立する山は珍しく、奇観と言えます。


剪刀石は金面山のクライマックスです。特殊景観が眺められるだけでなく、ここからは見事な眺めも楽しめます。山の中腹にある清国時代の採石場と石堡展望台は、台北盆地を遠望できる絶好のスポットで、基隆河沿岸までもはっきりと見えます。


山頂の巨石の間からは目を閉じる暇もない360度の絶景が広がっています。東には内湖大埤(碧湖公園)、北には碧山巌付近の山陵および五指山、南には基隆河、松山空港、美麗華観覧車、101ビルなどの台北市街を俯瞰できます。


巨石が連続する環境なので、土壌は肥沃ではありません。また、乾燥した気候と風の影響で、ここに育つ植物は限られます。稜線には風や乾燥に強い桃金孃、車桑子(ムクロジ)、細葉饅頭果(カンコノキ属)、南嶺堯花(ヤンバルガンピ)などの植物が繁茂しています。採石場付近では白毛臭牡丹などが棲息しており、金面山にはかなりの数の相思樹も見られます。歩道の途中で最初に内湖地区と基隆河を俯瞰できる平地では、他の場所ではめったに見られない基隆河以北のみに分布する刺葉桂櫻(リンボク)も見られます。


登山口から山頂までの途中、他の山林では天を仰いでおり、間近では見られない樹木が、ここでは大きく成長できないために近くで観察できます。歩道上にはいくつかの涼み台があるので、生態観察と同時に休憩もしましょう。

観光スポット情報

テーマ
屋外で自然に親しむ 親子で楽しむ
推奨対象
親子学習、しゃかいけんがく、ハイキング
お勧めの月
07、02、08、03、09、04、10、05、11、06
住所
台湾台北市內湖区

営業時間

日曜日: 24時間営業
月曜日: 24時間営業
火曜日: 24時間営業
水曜日: 24時間営業
木曜日: 24時間営業
金曜日: 24時間営業
土曜日: 24時間営業

注意事項

備註事項:1.コース全体の長さ:約3.5キロ
2.海拔:133メートル
3.歩行時間:所要約2時間30分

交通情報

近くのMRT駅

BR 文湖線 西湖

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top