TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

辜家塩館 大稻埕辜宅

アンカーポイント
3.9

5634

紹介

歸綏街303巷9号にある「辜家塩館」は、海峡交流基金会の前理事長・辜振甫の父である辜顕栄氏により1910年に建設されました。当時、辜家は塩業を営んでいたため、この辜家邸は古くから「塩館」と呼ばれていました。商売のため、当時の淡水河埠頭を臨む場所に建てられ、船は直接邸宅前の岸につけることができました。


辜家が1961年に転居した後の1963年から現在に至るまでは、栄星幼稚園として利用されています。西洋後期のルネサンス建築を模した非常に特色のある建築で、前面には拱廊(きょうろう)、クリーム色の外壁、優雅な拱窓(アーチ窓)、陶器の欄干があり、正面中央の側壁には細かい勲章やレリーフによる装飾が施され、西洋の文明がアジアに押し寄せてきた風潮を反映した、当時の代表的な富豪の邸宅です。大量のヒノキで精巧に造られた天井と階段の保存状態も良く、壁には辜顕栄氏の経営した大和洋行の標記が残されています。辜家塩館は辜家の繁栄を証明するばかりでなく、台北の歴史の重要な1ページでもあります。
 

観光スポット情報

テーマ
歷史的建造物 アート展示・公演スペース
推奨対象
親子学習、しゃかいけんがく
お勧めの月
通年
住所
台湾台北市大同区歸綏街303巷9号

営業時間

開放なし

サービス施設

  • 公共のトイレが

交通情報

近くのMRT駅

O 中和新蘆線 大橋頭

O 中和新蘆線 台北橋

G 松山新店線 北門

:::

観光スポット地図

天気

  • 今日 32°C 20%
  • 08/20 32°C 30%
  • 08/21 32°C 10%

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top