TOP
今すぐインストールします 今すぐインストールします

台北観光サイト

家画廊(Jiaアートギャラリー) 家畫廊

アンカーポイント

水曜日: 11:00 – 18:00

4.2

3436

紹介

家画廊は1990年に設立され、大同大学の近くに位置します。王賜勇氏は当初、「輝煌時代」という名前で台北市の東区で画廊を開いていましたが、その後、中山北路(現住所)に移転して、自宅のような親しみやすい雰囲気のある「家画廊」に改名。本ギャラリーの収蔵品は大変充実しており、主な画家として潘玉良、常玉、余承堯、朱沅芷、林寿宇、葉子奇、顧何忠、李加兆のほか、邱秉恒、劉海粟、朱屺瞻、沈耀初などの作品も収蔵されています。台湾の優秀なアーティストをさらに多く世に輩出させ、芸術界に寄与できるよう志しています。

家画廊では最近、台湾で最も早くフランスに学び、すでに11回目となる上海芸術博覧会に初参加して好評を博した女流画家・潘玉良による「裸婦の自画像」が展示され、人々が「彼女」との記念撮影に集いました。家画廊での収蔵数が最も多い近代水墨画の大家・余承堯の作品も高い評価を獲得。現在の台湾ミニマルアートの第一人者・林寿宇は展覧会場で作品を自ら解説しました。家画廊は台湾のみならず、世界からも注目を集めています。

観光スポット情報

テーマ
アート展示・公演スペース
推奨対象
親子学習、しゃかいけんがく
お勧めの月
通年
電話
+886-2-25914302、+886-2-25952449
住所
台湾台北市中山区中山北路三段30号1階-1(後ろ側のビル)

関連リンク

営業時間

日曜日: 休息日
月曜日: 休息日
火曜日: 11:00 – 18:00
水曜日: 11:00 – 18:00
木曜日: 11:00 – 18:00
金曜日: 11:00 – 18:00
土曜日: 11:00 – 18:00

注意事項

入場無料

サービス施設

  • 会場レンタル
  • 公共のトイレが

交通情報

近くのMRT駅

R 淡水信義線 民権西路

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top