TOP

台北観光サイト

迪化街店屋 迪化街店屋

アンカーポイント

8070

紹介

かつて淡水河は深く広い大河でしたが、上流地区に人が住み始めて開墾されるに従い、下流地区は次第に河の堆積がすすみました。この盛衰の歴史において、艋舺は台北で最も早期に開かれた港でした。1853年、頂下郊拼(移民間の武力衝突)が発生すると、閩南の三邑人は閩南の同安人を艋舺から追い出します。しかし風水は巡り、今度は艋舺港が堆積し、同安人が住んでいた大稻埕が代わって主要貿易港となります。当時はまさに中国大陸と西洋の貿易の最盛期だったため、大稻埕一帯は商業地区として非常に繁栄しました。当時は堤防がなく、貴徳街が河に直接面しており、中国大陸南北から渡ってきた積み荷は、貴徳街後方にある迪化街にすぐ並べられ、迪化街の多くの商人は、瞬く間に巨万の富を築きました。彼らの建てた邸宅は格段に華麗で、雨の多い台湾の気候を考慮して騎楼が設けられています。外壁には西洋建築を模した装飾が施され、中国式と西洋式の混在する独特な建築となっています。これら古い店舗の最大の特色は店屋の細長さにあります。前方は店舗用、後方は工場または倉庫として使われ、早期の寄合い式町屋の独特な景観を生み出しています。

観光スポット情報

テーマ
歷史的建造物 アート展示・公演スペース
推奨対象
親子学習、しゃかいけんがく
お勧めの月
通年
住所
台湾台北市大同区迪化街1段

交通情報

近くのMRT駅

O 中和新蘆線 大橋頭

Instagram @taipeitravel

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top