TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

陽明書屋 陽明書屋

アンカーポイント
4 8 件の口コミ

木曜日:09:00 - 16:30

4.2

4628

紹介

元の名を中興賓館という「陽明書屋」は、1969年から1970年までの間に建設され、かつて蒋介石前総統が国内外の貴賓の接待および夏の避暑地として、蒋介石前総統が台湾で唯一自ら選定して建設した臨時の住居です。今日では陽明山国家公園の重要な文化史跡建築物の一つとして、観光客への案内とガイド解説などの各種サービスを提供しながら、自然と文化、知性と感性を兼ね備えた見学と憩いの場となっています。陽明書屋の文化の移り変わりの歴史をひも解くと、森林公園時代、中興賓館時代、党史会時代から、国家公園による経営管理後に概ね分けられます。

陽金公路と東昇路の花時計そばの中興路に位置する陽明書屋は敷地約15ヘクタール、以前は天然の森で、陽明山管理局が管轄し、ボーイスカウトのキャンプ場でした。1970年、中興賓館とその付属建物の建設が完成した後も一部の原始林区が留められています。蒋介石前総統が中興賓館に滞在している期間は安全上の理由から厳戒態勢が敷かれていたため、今日の陽明書屋および周辺の中興路沿線には豊富な自然生態資源が残されています。

1975年、中国国民党中央党史委員会がここに事務所を移転。草屯、青潭の史料と大渓資料室、芝山書屋の「総裁資料」を全てこの地に集めました。以来、中興賓館は「陽明書屋」と改称されました。

1997年9月26日、中国国民党中央党史委員会は陽明書屋の地上建物および管理権を内政部に寄贈し、陽明山国家公園に経営管理が移譲されました。丹念に改修整備が行われた後、陽明書屋管理站が設立され1998年6月27日、正式に一般開放されて観光客が見学できるようになりました。その後も観光客へのサービスを拡張するため、大義館の修繕が続けられ2000年9月11日、陽明書屋観光サービスステーションを設置。現在はレジャー情報発信し、ビデオ鑑賞、ライトボックス、模型展示およびガイド解説などのサービスが利用できる場となっています。

観光スポット情報

テーマ
歷史的建造物 アート展示・公演スペース
推奨対象
親子学習、しゃかいけんがく、ハイキング
お勧めの月
通年
電話
+886-2-28611444
住所
台湾台北市北投区陽明山中興路12号

関連リンク

営業時間

日曜日 09:00 - 16:30
月曜日 09:00 - 16:30
火曜日 09:00 - 16:30
水曜日 09:00 - 16:30
木曜日 09:00 - 16:30
金曜日 09:00 - 16:30
土曜日 09:00 - 16:30

注意事項

中興賓館ガイド解説チケット販売サービス:(定時に行なわれる専門ガイド解説の全所要時間:約1時間)
●予約不要の個人ガイド解説開催時間:09:00、13:30
【大人:NT$50元 優待チケット:NT$30元】
* 下記の条件に合致する方は優待チケットをご購入いただけます。
在学中の学生(学生であることを証明するものを提示)、政府が発行した低収入世帯証明を所持する方、国軍を除退役した国民(栄民証を提示)、公務員定年退職者(定年退職者証明を提示)、本国家公園区内の住民(身分証明書を提示)、20人以上の予約団体
【入場無料】
*下記の条件に合致する方は証明書を提示の上、無料で見学できます。
6歳以下の児童、65歳以上の年長者(身分証明書を提示)、身心障がい者(必要時には身心障がい者手帳を提示)、公務見学者(公文書証明を提示)、団体観光客を引率する観光局発行のガイド証を持つ方、政府のその他関連法令に基づいて無料見学が可能な方

●団体予約ガイド解説の開催時間10:00、11:00、14:30、15:30
【優待チケット:NT$30元】
団体予約は各回45人・見学日の1週間前までに電話またはインターネットで要予約。
予約電話:(02)2861-1444
インターネット予約:https://www.ymsnp.gov.tw/ymh/index.asp
FAX:(02)2862-3003

サービス施設

  • 公共のトイレが

交通情報

近くのMRT駅

Review

トリップアドバイザー 口コミ

4 8 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 0 悪い
  3. 3 普通
  4. 1 良い
  5. 4 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 2 ファミリー
  2. 3 カップル・恋人
  3. 0 一人
  4. 0 出張・ビジネス
  5. 2 友達
  • wukkywkk

    川崎市, 神奈川県

    旅行者のタイプ:

    家族

    入館時間に注意

    2016-03

    陽名山の中にある蒋介石の別荘だった建物で、今は博物館みたいになっている。Webサイトなど見るとガイドツアーの案内があるが、それ以外も自由に見学できるものと思って行ったら、いつでも見れるのは1か所だけで、他のメインの場所はガイドツアーでしか公開していないとのこと。ややがっかり。でも見学した台北の民国時代、日本時代の地図などはなかなか面白かった。
  • Taipei-Fiona

    Taipei, Taiwan

    旅行者のタイプ:

    Con amigos

    充滿歷史氛圍的陽明書屋

    2017-05

    ''陽明書屋'' 原名中興賓館, 昔日為 先總統蔣公接待國內外貴賓及其與蔣夫人夏日避暑之地. 現在則改裝成陽明山國家公園中非常重要的人文歷史與遺跡的旅遊參觀之地. 這裡還設有遊客服務中心, 建議您來此遊覽可先到遊客中心, 可取用部分介紹資料,同時可做遊覽諮詢與購票參觀 ! @ 記得喔, 參觀書屋需要購票才能入內覽勝; 若不想購票, 外圍的風景不用錢, 免費參觀也很漂亮 ! #其中個人導覽一天有兩個場次,(09:10 & 13:30), 一場限定50人次以內; 團體導覽則需事先預約. #門票: NT$80/一人, #開放時間: Mon.~Sun. AM:~PM:4:30 (每月有定期休館日, 建議先打電話洽詢) #TEL: 02-2861-1444
  • aphpixels

    Sídney, Australia

    旅行者のタイプ:

    En pareja

    Historic Location

    2017-03

    This was used as an official residence by Chiang Kai-Shek and is now a museum with most of the interior and furnishings kept intact. Interesting location to visit and gives you an insight into Chiang and Madam Chiang's personal life. You're not free to wander around yourself and go with a tour guide, but be aware that I don't think they offer an English language tour. Please also note that photography is not allowed inside the main residence building. Worthwhile visit if you're in the area, but I wouldn't go out of my way unless you're a history buff or big Chiang Kai Shek fan.
  • waitttting

    Taipéi, Taiwán

    旅行者のタイプ:

    En pareja

    深山中的歷史景點

    2017-02

    原為蔣中正的故居,先因觀光規劃成旅遊景點,一定要配合導覽時間入內參觀,導覽員都非常專業的解說所有趣聞及故事,聽得津津有味,希望下次去的時候密道會開放參觀,超想知道密道可以到哪裡得
  • GoPlaces804335

    Taipéi, Taiwán

    導覽很棒

    2016-09

    很喜歡這種細細品味故事的行程 而觀看名人生前居住的屋子及可能的生活型態 也可以滿足一點自己的偷窺慾望 只是企盼著的梅花,老是錯過...

1-8 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は台北市政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

© 2018 TripAdvisor LLC

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top