TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

台北監獄の壁跡 臺北監獄圍牆遺蹟

アンカーポイント

紹介

910年代前後の日本統治時代、当時台湾各地では抗日義軍が次々と蜂起し、日本統治者は台北と台南に大規模の刑務所を建設しました。台北監獄の平面アーチ型は19世紀各国の刑務所の流行で、四方がぐるりと高い壁で囲まれ、使用された石材の多くは、1910年代に壊された台北府の城壁でした。主に安山岩と唭哩岸の石で、これらは清の光緒年間に大直や内湖付近の石場から運ばれ台北府城の建設に使われた材料でした。当時は山から基隆河沿いに運び、それから舟で淡水河を通って河溝頭埠頭に運ばれていました。この古跡には、大いなる歴史的価値があります。

観光スポット情報

テーマ
歷史的建造物
推奨対象
親子学習
お勧めの月
通年
住所
台湾台北市大安区金山南伝心局側壁

交通情報

近くのMRT駅

R 淡水信義線 東門

Review

トリップアドバイザー 口コミ

3.5 11 件の口コミ 口コミを書く

旅行者の評価

  1. 0 とても悪い
  2. 1 悪い
  3. 8 普通
  4. 0 良い
  5. 2 とても良い

旅行者のタイプ

  1. 0 ファミリー
  2. 1 カップル・恋人
  3. 7 一人
  4. 0 出張・ビジネス
  5. 0 友達
  • larrymulder

    ブダペスト, ハンガリー

    歴史的遺跡

    2019-07

    台北刑務所の壁の遺跡は、台北市大安区金山南路44号2号にあり、中華電信の台北南区の営業所周辺にあります。 忠華電信の台北南区オペレーションオフィスの長さ100メートルの北端と南端の2つの石垣を分割します。台北市の城壁の遺跡だけでなく、日本の占領下の台湾の台北刑事事務所の周囲の壁も。
  • WangW285

    旅行者のタイプ:

    カップル・夫婦

    台北刑務所の壁の遺跡

    2018-10

    台北刑事捜査庁は、衆院の死刑判決を受け、抗日者である羅維祥(ルオ・フュシン)が日本人に絞殺された。 壁の廃墟には石の弓があり、それは赤いレンガで封印された古い「扉」です。
  • T-T1208

    神奈川県

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    2018-05

    東門に、ひっそりと残っている。刑務所の壁です。壁のみなので、建物等はありません。壁の前が狭い公園みたいな感じなので、子供が遊んでいたりしてました。
  • hide2004

    札幌市, 北海道

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    監獄の跡地

    2017-04

    2017年4月に行きました。 昔の監獄の壁が残っているだけで、石積みの古い壁に解説版があるだけです。 場所はわかりにくい所にありますが、トリップアドバイザー掲載の場所で間違えないので、この地図を頼りに行くといいと思います。
  • Happiness807042

    東京都

    旅行者のタイプ:

    一人旅

    台北の監獄の址として、壁の一部だけが残っていました

    2017-04

    台北の監獄の址として、電信局の敷地の端に当時の壁だけが残っていました。この辺りは台北でも現在は中心地にあたるのですが、昔は大きな監獄があったのでしょう。

1-11 件の口コミ

すべての口コミ

この口コミ情報は台北市政府とTripAdvisor LLCのものではなく、トリップアドバイザー会員の主観的な意見です。

© 2018 TripAdvisor LLC

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top