TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

糶米古道 糶米古道

アンカーポイント

日曜日:24時間営業

4.2

1432

紹介

糶米古道の「糶」という字は、「tiào/ちょう」と発音し、「穀物を売る」という意味です。「糶米」は「米を売る」という意味になります。清の道光年間、三張犁地域の農民は輸送時間の短縮と体力の温存のために、遠い平地の道を通らなくて済むようにと、この山道を切り開きました。合わせて500段の石段があるこの小道の開拓によって、南港、木柵、深坑、景美などの地区から米を速く運べるようになり、貿易も増えました。古道には糶米公廟があるので「糶米古道」と呼ばれていますが、「挑米古道」と呼ぶ人もいます。階段が急なので、当時の人々は米を運ぶ道中によくこの場所で足を休め、その際に、道中を守ってくださる土地公に感謝して、お碗一杯の米を置いていったと言います。しばらくして、住民は土地公を敬って簡単な石づくりの小さな廟を建てました。そして、幾度かの修築を経て、現在の「糶米公廟」となったのです。近くには「徳興炭鉱坑口」もあります。徳興炭鉱は1897年ごろから採掘を始め、1946~1948年にピークを迎えました。その後、鉱脈が枯れて松山炭は絶え、今は炭鉱の坑口を見学できるようになっています。2011年には糶米古道の石段が修築され、太鼓橋、ボードウォーク、糶米古道ルート解説板が設置されました。
 

観光スポット情報

テーマ
屋外で自然に親しむ パブリックアート 親子で楽しむ
推奨対象
親子学習、しゃかいけんがく
お勧めの月
通年
住所
台湾台北市信義区挑米古道、米路,泰和里呉興街600巷100弄底

営業時間

日曜日 24時間営業
月曜日 24時間営業
火曜日 24時間営業
水曜日 24時間営業
木曜日 24時間営業
金曜日 24時間営業
土曜日 24時間営業

交通情報

近くのMRT駅

Review

トリップアドバイザー 口コミ

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top /