TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

都市のピクニックスポット:太陽の下で過ごす (TAIPEI Quarterly 2024 春季号 Vol.35)

アンカーポイント

発表日:2024-03-11

855

TAIPEI #35 (2024 春季号)

都市のピクニックスポット:太陽の下で過ごす


  Rick Charette
編集 下山敬之
写真 Brown Chen、Tzuying Sun、台北市観光伝播局

fs_1▲台北にある数多くのピクニックスポットに出かけ、美味しい食事で心身をリラックスさせましょう。(写真・Brown Chen)

春の日差しが台湾を包み込む季節が訪れました。台北では鳥のさえずりや優雅に舞う蝶の姿、暖かな風に揺れる草花が道行く人を楽しませてくれます。正にピクニックに最適な季節と言えるでしょう。
 
今号では、「春の陽明山と緑の癒やし」という記事で、台北北部の陽明山で体験できるアクティビティやスポットについて触れています。ここでは台北の都市部にいながら喧騒を避け、緑と静寂のオアシスで心身を休められるピクニックに最適な公園を紹介していきます。 

台北は過去数十年の間に美しく変化を遂げました。台北市政府は、台北を世界的の都市の中でも最も住みやすい場所にするべく努力を続けており、街の急速な変化がその成果を物語っています。台北は「住みやすい都市」と「持続可能な都市」に関する数多くのプロジェクトに取り組んでおり、中でも重要な要素として緑地の創出があります。

fs_2▲▼ピクニックは食事を楽しむだけでなく、家族と素晴らしい時間が過ごせます。(写真・Brown Chen)
fs_3
都市の中心にある緑の隠れ家

もともと台北は緑地が多くありませんでしたが、今では自然を愛する人たちの街へと変化しました。その最たる例が基隆、淡水、新店、景美に沿って作られた川沿いの公園で、台北の市街地ほぼ全域を囲むように遊歩道が設置されています。ここにはすべての公園を通るサイクリングロードがあり、シェアサイクルのYouBikeも気軽に利用できます。この他にも台北の中心には、「中央公園」とも呼ばれている1994年に開園した大安森林公園があり、緑豊かな広々とした緑地が都会の喧騒を忘れさせてくれます。

柔らかな芝生、青々とした木々、そびえ立つ山々の景色を楽しむことは、心身に素晴らしい癒やしの効果をもたらします。台北にある公園はいずれもこの三拍子が揃っています。
 
ここ10年で、台北市民のピクニックに対する熱は大きな高まりを見せていて、TLCピクニック・デーやVogue台湾ピクニック・デーといった大規模のイベントが開かれています。また、公園での音楽パフォーマンスやクリエティブマーケットなどを開くことで人々がより長く緑地で過ごせる機会も作っています。こうしたイベントはフェスティバルや博覧会と合わせて開催されます。ここからは、実際にピクニックにおすすめな4つの公園を紹介していきます。

大安森林公園

台北中南部にあるこの公園は市内でも最も大きく、台北MRTを利用すれば公園の北側にある大安森林公園駅へ直接アクセスできます。MRTの駅は台北唯一のサンクンガーテン型で、公園周辺にはYouBikeのレンタルステーションもあります。

ピクニックを楽しむ人たちにとって、この公園の最大の魅力は種類豊富な樹木と美しい野鳥です。週末や祝日の午後は、ピクニックをする人たちで大きく賑わいます。特に家族連れが集まるのは、公園の東北部にある最大規模の芝生エリアで、隣には子供用の遊具も設置されています。

fs_4▲大安森林公園の柔らかい芝生で友達と一緒に座ることは、最高の週末の楽しみです。(写真・台北市観光伝播局)

「大安森林公園」という名前が示す通り、1994年の開園以来、ここには本物の森と広大な芝生が広がっています。公園の反対側が見えないほど鬱蒼と茂る木々や低木、花々は都市に新鮮な空気を送っており、親しみを込めて「台北の肺」とも呼ばれています。
 
春のピクニックでは満開のツツジやアジサイを楽しむことができます。木陰を形成する立派な木々の中にはガジュマル、キサントフィルム・ハイナネンセ、クスノキ、タイワンフウ(台湾楓)などがあります。また、この公園では台北市政府が主催し3月いっぱい開催される「台北ツツジまつり」、3月16日に開催される「台北フラワーピクニック」、この他にも数多くのイベントが開かれます。

ピクニックを楽しんだ後に体を動かしたい人は、公園の北部エリアへ足を運びましょう。バスケットコートやローラースケート場などの施設、滑り台や砂場など子供用の遊び場、週末や祝日に音楽パフォーマンスなどが開催される野外ステージなど様々なレクリエーションが楽しめます。

fs_5▲大安森林公園には多様性に富んだ生物がおり、生態池は鳥たちの生息地となっています。(写真・Brown Chen)

樹木が茂り、2つの人工島がある生態池では鳥たちが羽を休めたり、巣を作ったりしています。生息しているのは、タイワンゴシキドリ、ゴイサギ、アオサギ、トキ、バン、シラサギなどで、写真好きな人たちが撮影している姿も見かけます。

花博公園新生園区

花博公園新生園区は市の北部中央、基隆川の南にあり、MRT圓山駅は西へ2ブロック、中山小学校駅は南へ3ブロックの位置にあります。公園の周辺にはYouBikeのレンタルステーションが数多くあり、花博公園内にある圓山園区、美術園区はいずれもピクニックに最適のスポットです。
 
ここでピクニックをする際の最大の魅力は花です。パステルカラーのバラが一面に咲き乱れ、偉大な画家のパレットのような風景を作り出します。もう一つの見どころとしては、公園の東側にある松山空港に飛行機が着陸する様子が間近で見られることです。

fs_6▲台北バラ園は新生園区内の人気スポットの一つで、ピクニックに優雅な雰囲気を添えてくれます。(写真・Brown Chen)

花博公園新生園区には、台北バラ園、台北典蔵植物園、迷宮花園など様々なスポットがあります。バラ園は台北北部で最も多様性に富んだ庭園で、800種類以上、5000株を超える世界各地のバラが楽しめるほか、毎年3月には春の台北バラ展も開催されています。この期間中は週末になると多くの人で賑わうマーケットが開かれ、バラのオイルやジャム、花や鉢植えなど貴重な商品が販売されます。

fs_7▲新生園区内には低木で構成された迷宮花園があり、飛行機が飛び去る様子を間近で見られます。(写真・Brown Chen)

ピクニックをする人がよく集まるのは、八角形をした迷宮花園の芝生エリアです。西側には台北バラ園、東側には子供用の遊び場があります。園内には野球場、バスケットコート、屋内プールなどのレクリエーション施設があり、大安森林公園と同じように週末や祝日の午後が最も賑わいます。

大佳河浜公園 & 美堤河浜公園

どちらの公園も基隆河沿いにあり、大佳公園は新生公園のすぐ北にある基隆河南岸、美堤公園はMRT大直駅から3ブロック東に進んだ基隆河の北岸にあります。各公園の正面入口には「台北市河浜レンタサイクルセンター」があり、自転車を借りることができます。
 
台北市北部の川沿いにあるこの2つの公園は、広大な景色を楽しみながらピクニックができ、それぞれの公園からは川沿いに広がる公園の緑地や美しい山々が眺められます。特に大佳公園からの圓山大飯店、美堤公園からの台北101ビルや信義区に並ぶ高層ビルは絶景です。また、東西に長く広がるこれらの公園は特に日の出、日の入りの景色が壮観で、ピクニックをする人たちにも人気の時間帯となります。とはいえ、こちらも最も混み合うのは週末や祝日の午後です。

fs_9▲▼台北の川沿いにあるサイクリングロードは基隆河に沿って伸び、川沿いの公園と広大な景観を繋いでいます。(写真・Tzuying Sun;Brown Chen)
fs_10
どちらの公園も川沿いのサイクリングロードだけでなく、スポーツを楽しめる施設が充実しています。大佳公園にはバスケットコート、テニスコート、バドミントンコート、クロッケーコートのほか、子供向けの遊び場として滑り台やクライミング設備、砂場などがあります。美堤公園にはバレーコート、バスケットコート、テニスコート、スケートパークだけでなく、屋外のラジコンサーキットまで揃っています。

fs_11▲お子さんと一緒に公園へピクニックに出かけ、川沿いの新鮮な空気を楽しみましょう。(写真・Brown Chen)

大佳公園で最も人気のあるピクニックエリアは、川辺にある「希望噴泉」という巨大な噴水の近くで、高さ75 mに及ぶ水の柱が打ち上がります。噴水は季節によっても変わりますが、午前10時から暗くなるまで1〜2時間間隔で15分のショーが行われます。このショーでは噴水で花びらの形を作り、万華鏡を模した80色の照明が水柱を照らすことで一つの巨大な花を作り出します。美堤公園のピクニックエリアは美しい湾の西側、子供用の遊び場の近くです。ここは多くの鳥が休息に訪れる場所で、秋には渡り鳥が見られます。

fs_8▲ピクニックの最後は大佳河浜公園の河川敷から夕日を観賞しましょう。(写真・Brown Chen)

この2箇所の公園は前述した公園と同じく大規模なフェスティバルやイベントの会場としても人気です。大佳公園は毎年開催される台北国際ドラゴンボート大会のメイン会場であり、美堤公園はかつて3年連続でTLCピクニック・デーが開かれた場所でもあります。

ピクニックを最大限に楽しむ

週末や祝日に台北市内の公園を散策すると、家族や友人たちとのんびりピクニックを楽しむのが人気のアクティビティであることに気づくでしょう。一人のピクニックも自由があって良いですが、台北の人たちは周りの人と親しくするのが好きで、近所の人たちとも積極的に交流を持ちます。特に子ども連れやペットを連れている場合はより親しくなりやすいです。

fs_12▲ピクニックはペットと過ごす素敵な時間にもなります。(写真・Brown Chen)

また、美味しい料理やお酒を飲んだり、カードやボードゲームを持参して余暇を過ごします。初めてあった人と距離を縮める際に最適な遊びはフリスビーや凧揚げです。自らの殻を破れば周囲の子どもが気づいて近づいてくるでしょう。愛犬を連れた人は、自分が動かなくて良いので愛犬とフリスビーをやってしまいがちです。

fs_13▲シンプルなボードゲームは、家族や友人とのピクニックに楽しみを添えてくれます。(写真・Brown Chen)

最近では、ピクニック以外にも「都市型デイキャンプ」が流行っています。小型テントを設置することで日差しを遮れるので、昼寝や子どものおむつ交換などができます。

fs_14▲ピ返し使える容器を使用することで、地球に優しいだけでなく、映える写真も撮れます。(写真・Brown Chen)

台北市政府は責任あるピクニックを推進するため、「無痕山林(Leave No Trace)」というコンセプトを打ち出しています。これは自然を尊重する究極の環境倫理で、具体的には人が環境に与える影響を減らし、持続可能な発展を目指すというものです。台北の緑地の魅力を楽しみながら、その自然の美しさを後世に残す努力をしていきましょう。
 
責任あるピクニックのヒント
  • お弁当のポイント:傷みにくく、軽くて、食べやすいものを用意する。
  • 伝統的かつ人気のお弁当:飯糰(台湾式おにぎり)、刈包(蒸しパンのサンドイッチ)、茶葉蛋(台湾風煮玉子)、焼き芋など。これら上記のポイントを満たしているだけでなく、味も美味しいので一度挑戦してみてください。
  • 再利用可能な食器やカトラリー:プラスチックの容器や包装よりも食品保存用容器の方が持ち運びやすく衛生的です。また、芝生の上では木製のトレイを使う方が安定しますし、Instagramに映える写真を載せることもできます。

関連写真

最近の人気記事

Top