TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

攬翠の旅お手軽パック:柯文哲市長と野生動物と緑の小径の対話

アンカーポイント

発表日:2015-04-22

1629

攬翠の旅お手軽パック:柯文哲市長と野生動物と緑の小径の対話
旅行日
1日間
テーマ観光ルート
猫空ロープウェイ

紹介

1駅目:動物園 (1号MRT文湖線で動物園駅)
 
動物園の入園にはさほどお金はかかりません。60元(一般料金、別途優待チケット30元あり、学齢前の子供は無料)あれば園内で一日過ごせます。ポイントは親子で一緒に楽しめること。小さいうちからお子さんが動物に親しむことで動物への理解を育むとともに、生き物を大切にする気持ちを養うことができます。
臺北市立動物園.jpg

次々と写真撮影や握手を求める人々。柯市長も「かわいい動物」に。
 
柯市長與民眾握手.jpg

動物園遊園バスで「アフリカ動物エリア」に向かう途中に通るのが、世界のオリジナリティある彫刻ベスト25に選ばれた「カバ広場」。
 
河馬廣場1.jpg

しし座の市長が母アフリカライオンとご対面。でも、それほど激しい感情を見せる様子はありません。この日の当番のメスライオンたちはのんびりと草地に寝転び、ときどき起き上がって背筋を伸ばしたりしていました。聞くところによると、柯市長が到着する前には、何度か震え上がるような雄たけびを上げたとのこと。

目の前で悠々自適に暮らすカバたちを見ていると、先日起きた「カバちゃん」の悲しい事件(輸送中のトラックから落下して死亡)を思い出します。命の教育の充実が待たれます。
河馬.jpg

遊園バスが「台湾動物エリア」にやってきました。ここで台湾黒熊(タイワンツキノワグマ)や台湾ウンピョウを見ると、私たちが台湾の地元の動物にもっと関心を持ち、保護しなければと改めて実感させられます。

台湾黒熊はパンダに負けず劣らず大人気の動物ですが、現在野生動物の絶滅危惧種リストに挙げられており、推定で200~600匹しか生存していません。台湾動物エリアの台湾黒熊の中には、本当の映画スターがいます。名前は「黒糖」。年齢はおよそ6歳で、映画『ライフ・オブ・パイ~トラと漂流した227日』に出演しました。胸の白い印が三日月のように美しく、みんなに愛されるのもうなずけます。
 
黑糖.jpg

もっとも、隣には29歳もの高齢になる母黒熊「黒梅蓓」がいます。年をとって色も毛も薄くなった彼女は、見学者の人気を失ってしまったようです。
 
黑梅蓓.jpg
 
黑梅蓓1.jpg

ウンピョウも台湾特有の亜種です。しかし、動物園にいるウンピョウは台湾に密輸されてきたもので、生まれた場所はいまだに分かりません。
 
臺灣雲豹.jpg


台湾本土の山林に生息する野生ウンピョウは、すでに足跡が絶えてしまいました。優雅で美しく、力強く俊敏なウンピョウの姿は記憶の中に残るのみです。

ジャイアントパンダ「圓仔」のほか、現在動物園のもう一つの見どころとなるのは他でもない、林務局野生動物治療収容計画により金門から台北へやってきたユーラシアカワウソの「大金」「小金」「金莎」です。彼らが何の心配もなく健やかに成長しているのを見ると、ほっとします。
歐亞水獺.jpg
 
2駅目:猫空 (ロープウェイ動物園内駅から猫空ロープウェイで猫空駅)
 
クリスタル車両の透明フロアから山林を俯瞰すると、都会の中心から数キロメートルしか離れていないこの自然の森を異なる視角からより深く理解できます。
 
 
柯市長坐貓纜.jpg

「猫空」という名前で呼ばれるのは、もともと渓流によって長い間浸食されてできた凹凸のある甌穴地形に由来します。ここは昔、閩南語で「面乍坑」と呼ばれていました。「面乍」の読み方は「ニャオ」。それが長い年月をかけて今日の文化と歴史に富んだユニークな地名になったというわけです。

クスノキハイキングロードは素朴な農村風情がテーマ。途中には昔の農家が使用した牛車、穀物倉庫やレンガ造りの農家の家を模したあづまやなどが見られ、現代の都会では見られない伝統的な農村生活を目にすることができ、レトロな雰囲気でいっぱいです。
 
樟樹步道.jpg
 
猫空にはたくさんのハイキングロードがあります。曲がりくねった緑の小径はその昔、茶農家が茶葉を麓まで運んだ大変な道のりで、樟湖ハイキングロードと越嶺ハイキングロードもそのうちの1つです。
 

モクセイの香りをかぎながら棚田や茶園を歩くと、至る所で自然と人間文化の共生を感じることができるでしょう。
 
跟著綠光慢遊山野─柯市長.jpg
猫空は150年前の文山包種茶と鉄観音の発祥の地。そのため地元の農家も茶を利用した料理をたくさん開発しています。
 
大茶壺茶餐廳.jpg   大茶壺茶餐廳2.jpg

天気がよければ、おいしい料理を味わいながら、台北市の美しい夜景を一望できます。
 
貓空夜景.jpg

攬翠の旅ではこの美しい自然を堪能したいもの。動物園、猫空、さらには木柵地区もパーフェクトなプランには外せないスポットです。多くの方々に攬翠の旅で野生動物や緑の小径と語らい合っていただければと思います
 

他の観光コース

さらに観光コース
Top