TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

『台湾新生報』旧跡 《台灣新生報》舊址

アンカーポイント

日曜日:24時間営業

4

234

紹介

『台湾新報』と『台湾日報』二つの新聞が合併して『台湾日日新報』新聞社が設立され、当時もっとも大きい大手新聞で、歴史的一番長く続いた新聞でもありました。1945年10月26日、李萬居氏が行政長官公署を代表して『台湾新報』を管理の下に置き、『台湾新生報』と改名させ、当時唯一の政府公式新聞となりました。1947年二・二八事件勃発、新聞社トップの阮朝日氏と日本語版編集長呉金錬氏は台湾省行政長官公署に強制連行され、未だに行方不明です。

観光スポット情報

テーマ
歷史的建造物
お勧めの月
通年
電話
+886-2-87723058
住所
台湾台北市中正区衡陽路99号

営業時間

日曜日24時間営業
月曜日24時間営業
火曜日24時間営業
水曜日24時間営業
木曜日24時間営業
金曜日24時間営業
土曜日24時間営業

交通情報

近くのMRT駅

G 松山新店線 西門

R 淡水信義線 台湾大学病院

G 松山新店線 北門

G 松山新店線 小南門

R 淡水信義線 台北駅

周辺観光スポット

さらに観光スポット
Top