TOP メインコンテンツセクションに行く

台北観光サイト

東区 + 信義区 台北東部:国際的建築の名ギャラリー (TAIPEI Quarterly 2023 秋季号 Vol.33)

アンカーポイント

発表日:2023-09-11

1012

TAIPEI #33 (2023 秋季号)

東区 + 信義区
台北東部:国際的建築の名ギャラリー


  Rick Charette 
編集 下山敬之
写真 NeverEnding Studio、陶朱隠園、台北南山広場、台北市文化局、台北市観光伝播局、台北市商業処、顏婕力、Miller Hsu

fs_1▲国際色が強い台北東部の様子。(写真・NeverEndingStudio)

旅行作家たちは1900年代の後半にわたって、そして1990年代に入っても、台北を「アジアの醜いアヒルの子」と評していました。 

現在では、それも遠い過去の話です。その後、台北の街並みはサナギのように、アジアで最も素晴らしくフォトジェニックな都市の1つへと生まれ変わりました。四方を囲む緑豊かな山々が、その現代的で国際化された美をさらに引き立てています。

20世紀半ば頃から、中国内戦後の資金難と、中国からの数百万人の難民の流入に直面した台湾は、美しさよりも便宜性を重視しました。その結果、「家庭的だが愛すべき」という寛大な呼び名の付いた建築様式が生まれ、この中に、大胆でカラフルな中国寺院や、より控えめで重厚な日本時代の建物が点在するようになりました。

今日において建築活動のメッカとなっているのは、きらびやかな東区、特にその中の信義区で、この台北で最も国際化されたセクターにおけるランドマーク的な建物が集中しています。この街を訪れる人は、形と機能が独特の融合を遂げ、森のように生い茂る、環境に優しく想像力豊かな建築の中を歩き回ることになります。この街のスカイラインは、台北の先見的なプロジェクトに参加して名声を得ようとする世界的な建築家たちによる、壮大なコンペティションの舞台なのです。 

台北の商業と金融の中心地である信義区を訪れ、最高級の建築芸術作品を間近で見てみましょう。 

台北101 — 台湾で最も高いビル、国の象徴

超高層ビルの台北101(そう、101階建てです)は、台北建築の宝庫においてひと際輝かしい宝石です。飛行機や乗り物で台北に近付くにつれ、遠くからでもよく見えるこの建物は、特に夜間ライトアップされると、深い台北盆地に輝く標識のようにも、信義区に直立状態で着陸した巨大なロケット船のようにも見えます。2004年12月1日から2010年1月7日まで地球で最も高い建築であったこのビルは、LEEDプラチナ認証を取得しており、世界で最も高いグリーンビルという称号は今も変わりません。

台北のランドマークとして、外国人観光客に最もよく知られ、親しまれているこの建物は、毎年恒例の台北カウントダウンイパーティーの壮大な花火ショーの舞台として、世界的にさらによく知られています。

国際的に高く評価されている台湾の建築家C・Y・リー(李祖原)氏が設計した、高さ508メートルのこの建築物は、先進的な工業素材と技術を採用した現代的な構造の中にも古典的なアジアの美学を感じさせる、ポストモダニズムの作品です。 

緑を基調としたガラスファサードのノダルデザインタワーには、それぞれ8階建ての、8つのくさび形セクションがあります。中国文化において、「8」の数字は繁栄と幸運の象徴です。また、節の集合体は竹の茎に似ていますが、これは弾力性と絶え間ない成長を象徴しています。

外国人観光客にとって、台北101展望台は絶対に見逃せない観光スポットです。88階、89階、91階から周囲を一望することができ、勇気のある人はガイドと安全ロープ付きで外を歩いてみることもできます。内部には、重量660トン、直径5.5メートルに及ぶ世界最大の風防球体、同調質量ダンパーが展示されています。 

fs_2▲台北市の夜景を一望。(写真顏婕力)

信義区のその他のランドマーク

東区は世界の潮流に敏感な流行の発信地であり、信義は商業と金融の中心地です。伝統と歴史を守り育んできた、より古い西部地区に対し、国際化された東部、特に信義は、広い世界を舞台として熱心に未来を見据え、最も近代的で先進的なものを積極的に取り入れています。台北101から、市内中心部近くに建造された新しい台北ドーム(台北大巨蛋)、別名「ビッグエッグ」までの広範囲に高くそびえ立つ街並みは、世界の舞台を見据える大都市らしい自信とセンスを力強く誇示しています。

台北101の真南に面し、2025年の開業を目指して建設が進められている高級ホテル、フォーシーズンズホテル台北(四季酒店)の設計を手掛けたのは、プリツカー建築賞を受賞した巨匠リチャード・ロジャース氏です。

このホテルは31階建て、高さ180メートル、客室数約260室で、市街地と山の両方の眺望を楽しむことができます。「都心の空に浮かぶユートピア」の建設を設計コンセプトとし、国際化、近代化、ランドマーク的地位の獲得という3つの主要な基準を打ち立てています。ガラスカーテンの外観(高く薄い構造は、リヴァイアサンの金色の携帯電話を直立させたような外観となるでしょう)には、超白色の低放射ガラスと、薄型の眺望エレベーターが採用されます。最上階は天井を高く設け、センセーショナルなパノラマビューが望める、一般公開のスカイラインスペースを作り出します。 

オープン間近のザ・スカイ台北(台北天空塔)は、台北101の半ブロック北、台北市庁舎のすぐ東に位置します。汎アジアのプライベートエクイティ不動産会社であるリアント・キャピタルは、ホテル、商業施設、パフォーマンスホール、プライベートクラブが一体となった超高層ビル・ポディウム複合施設を開発しており、ハイアット ホテルズの高級ブランド、ブティック パーク ハイアットとライフスタイル アンダーズが入居する予定です。建築設計を担当したのは、イタリアの人間国宝であるアントニオ・チッテリオ氏とパトリシア・ヴィエル氏の有名なチームです。  

このプロジェクトは、ハイアットにとってアジア初となる、2つのホテルを併設する高級ホテルの開発プロジェクトであり、台北は東京と上海に次いで世界で3番目に、パーク ハイアットとアンダーズの2ブランドを同じスカイラインに擁する都市となります。客室数は合わせて約500室となる予定です。

伝統とモダニズムが調和した台湾独自のデザインは、特に台北らしく活気あふれる大都市の雰囲気を讃えるものです。緑色のガラスカーテンの外観は台湾のタケノコを、古代ギリシャ風の円柱の襞は西洋文化をイメージしています。54階建てのタワーのうち、16階から28階はパーク ハイアット、30階から49階はアンダーズとなります。50階から51階は店舗スペースとなります。高さ280メートルのタワーは、信義で2番目に高い建造物となります。

fs_3▲台北市の夜景を一望。(写真顏婕力)

2018年に完成した台北南山廣場は、台北101のすぐ東に位置し、日本の名門建築事務所である三菱地所設計の著名な建築家、須部恭浩氏によって設計されました。この複合施設は、一部に商業フロアを備えた48階建て・高さ272メートルのオフィスタワー、7階建てのモール、オープンな文化芸術スペースを備えたダイヤモンド型のエントランスビルの3構造からなります。

全体的なデザインは、台湾の隆々たる山脈に敬意を表し、高さの異なるこれらの構造物を山脈のように連結させたものです。ガラスカーテンの塔の中心部を包む一対の尖塔は、感謝の気持ちを象徴し、祈りを捧げる手の形をしています。46階から48階には、素晴らしい景色が一望できるレストランやバーが入店しています。文化.芸術棟の多面体の外観デザインのモチーフはタワーと共通しています。このモールは、形状の異なる幾何学的な立方体を積み重ねたもので、互い違いの配置によって木々が生い茂る小高いテラスを作り出し、全体的に森林に覆われた小さな山のような視覚効果を生み出します。   

fs_4▲世界初となる三重螺旋構造の住宅、陶朱隠園。(写真陶朱隠園)

陶朱隱園は台北101の北東数ブロックにあります。2018年に完成したこの豪華絢爛な高層ビルは、21階建て、高さ93・2メートルです。持続可能性に焦点を当てた未来的なエコ地区ベンチャーを専門とするベルギーの著名な建築家、ヴァンサン・カルボー氏が設計したこの建物は、LEEDゴールド認証に加え、低碳建築聯盟からダイヤモンドレベル認定を受けています。

その外観は、DNAの鎖をかたどった特異な蛇行形状がダイナミックに流れており、二重螺旋が基部から天井まで90度に勢いよく曲がっています。積み重ねられたように見える各フロアは上下階から4.5度ずつ回転しており、世界初のねじれ式集合住宅を構成しています。

fs_5▲陶朱隱園はゴジラに似た独特の形状のため、Google マップの観光名所となり、チェックインして写真を撮る観光客を魅了しています。(写真Miller Hsu)

ニューヨークのセントラルパークに匹敵する約2万3000 本の樹木と低木が屋根と外壁を覆い、年間約130トンのCO2を吸収しています。ガラス床が敷かれたタワーの廊下にも植物が植えられています。

信義区で開催される賑やかな大イベント

東区の洗練されたモダンな雰囲気をさらに高めるのが、国際的な祭典が目白押しのイベントカレンダーです。

初秋の台北で見逃せないのは、都市イノベーションと公共デザインのコンセプトと深く結びついたイベント、台北白昼の夜(ニュイプラ ンシュタイペイ)です。これは、10月の第1土曜日に午後6時から午前6時まで開催されるオールナイトの芸術祭で、見事なライブパフォーマンス、インスタレーションアート、マルチメディアプロジェクションなどの数々を通じ、台北の街を探訪することができます。今年のパーティーは10月7日と8日に開催されます。会場は台北の新しい記念碑的な公共建築である台北ドームの近、そして信義商圈です。

fs_6▲2020年台北白昼の夜におけるイギリスのアーティスト 「Flithy Luker」の作品『章魚入侵』(写真台北市文化局)

最初のニュイ・ブランシュは2002年にパリで開催され、2016年に始まった台北版は、台北で最も活気のある大規模な芸術祭へと発展しました。台北はその独特の多文化的多様性から、アジアで最もニュイ・ブランシュに適した都市の1つとなっています。また、この盛大なジャンボリーは、台北の芸術的ダイナミズムを世界に紹介し、国際的な文化都市としての台北の知名度向上に貢献しています。

冬が近付くにつれ、台北Xmas(繽紛耶誕玩台北)や台北カウントダウンイパーティー(台北最High新年城)に外国人観光客や駐在員が集まり、お祭りムードが続きます。1つ目は11月中旬から1月上旬にかけ、信義などショッピング街にあるデパートやブティックによって開催されます。会場はクリスマスのイルミネーションで飾られ、ライブエンターテインメントが行われます。お祭り好きの人々は、スタンプマップを使いながら70以上のチェックインポイントを巡り歩きます。

fs_7▲2022年の「繽紛耶誕玩台北」で披露されたインスタレーションアート「花海光廊拱門」。人々はクリスマスの雰囲気を感じながら写真撮影を楽しみました。(写真台北市商業処)

2つ目は、「一生ものの体験」とされる、新年までのカウントダウンパーティーです。台北市庁舎周辺に設置された幻想的なイルミネーション、ポップスターやバンドによる6時間もの盛大なパーティー、そして世界中に中継される台北101の深夜の花火ショーがイベントを盛り上げます。1月1日と2日にもパーティーイベントが開催され、お祭り気分をさらに満喫することができます。

fs_8▲「台北最high新年城」は台北市政府が市民広場で開催する年越しイベントです。(写真台北市観光伝播局)

関連写真

最近の人気記事

Top